» 投資用金貨とは

投資用金貨とは

投資用に使われる金貨は、地金型金貨ともいわれており、世界中にあるいくつかの政府が発行している法定通貨になります。
発行元である政府が重量、品位を保証している金貨のことでもあります。

代表されるものでは、オーストラリアのウィーン金貨ハーモニー、カナダのメイプルリーフ金貨、オーストラリアのカンガルー金貨というものがあります。
いずれも非常に純度が高く、24K、つまり純度が99.99%の純金という風になっています。
金貨の純度はひとつだけではなく、純度91.67%の22K金貨もあります。
米国のイーグル金貨、英国のブリタニア金貨がこの22Kの金貨に含まれます。
それ以外にも、金貨は投資用金貨とはまた違う収集型金貨というものもあります。
通常の記念金貨や古金貨などを指しており、金貨が持ち合わせている価値だけではない希少価値やデザイン的な価値もあります。
そのため金貨の熱心な収集家によって人気度が変わり、価格も変動していきます。
同じ金の含有量だったとしても、投資用金貨よりも高額で取引されることが多いのです。

リンク