» プラチナ(白金)の主要産出国

プラチナ(白金)の主要産出国

例えば、南アフリカやロシアなどは、産出国の代表的な国になります。
南アフリカには偏在しているといわれています。
レアメタルと呼ばれる分類の中で、これはさらに貴重なものであるということです。

地殻一トンあたりで、0.001gという産出量であるといわれています。これが1kgにもなると、5.2万ドルという価格にもなります(2010年の時点)。
白金というものそのものは、パラジウムであったりロジウムなどの、科学的に白金と性質が似ているという元素と同じく、鉱石の中に含まれて居ます。こういった元素は、白金を含めた六つの元素であり、白金族元素と呼ばれています。この6元素は、白金 Pt、パラジウム Pd、ロジウム Rh、ルテニウム Ru、イリジウム Ir、オスミウム Osという六つです。
ブッシュフェルトは南アフリカに位置する場所ですが、この中には東西400km、南北300kmもの巨大な岩体があります。そこに、白金族を多数含んでいる厚さ数十センチの地層が発見されました。地層では、白金族元素といわれているものの中でも、白金とロジウムが多数発見されているようです。
日本においても、相当数というわけではありませんが埋蔵されているようです。北海道では天塩川、石狩川の川砂中で発見されていますし、新潟県でも発見されています。

■趣味サイト