» 金本位制度

金本位制度

各国の中央銀行で、それぞれ発行した紙幣がありますが、その額に応じて、同じだけの額の金を保有していることによって、紙幣との交換を保証していたという制度がこれのことです。
金というのは、世界的にも価値を認められている金属であるために、この制度が成り立っているといえます。

この制度の存在によって、紙幣というものの信用が保たれていたといえるでしょう。この制度に従えば、紙幣を持っているということはつまり、それと同じだけの額の金を、中央銀行に預けているという状態になります。
しかし、通常金を持ち歩く、ということはできないものです。そこで、代わりに紙幣というものを持つことになるのです。ですが、実質的には金の貯蓄が、紙幣の額が増えていくことによって増加していくということになっていました。19世紀後半や、20世紀の初頭くらいでは、この金本位制度は世界の主要国でも取り入れられていました。
しかし、1971年になるとニクソンショックが起こることになります。それが、この金本位制度が終了することにつながったのです。それからは、変動為替制度へと移り変わっていくことになります。
また、日本の中でもこの金本位制度は採用されている磁気がありました。ですが、1942年になった時点で、日本銀行法が制定されることになります。それが、不換紙幣の発行につながり、これが金本位制度を終了させることになりました。
不換制度は、つまり金と交換をすることをしない紙幣、金との交換義務を持たない紙幣になります。政府によって発行量を調整することができるため、それが信用の維持につながるとうことです。
現在は、つまり金本位制度が採用されていないために、紙幣を中央銀行に持っていったところで、交換をすることができません。ですが交換そのものができないということでも、支払いの準備金としての金の保有は続けているようです。金には、世界に認められている金属であるという特徴があり、これからも金の評価については変わらないものであるでしょう。

LINK