» 日本の金

日本の金

マルコポーロは、旅行記の中で日本が昔から金の産出国であったというように記述しています。
そのように、日本は金の産出で有名でもありました。
河原では堆積した砂金を集めるものが中心になっていたり、源義経の話では、金売吉次が砂金を扱っていたという話もあります。

戦国時代には、金鉱脈での採掘も行なわれていたといいます。これが、戦国武将にとっての非常に重要な資金源になったとされます。その金鉱脈の中で有名なものは、甲州、佐渡といった土地になります。花崗岩マグマと関係のある鉱脈である、第三紀層であるということなど、地質時代的には比較的新しい分類になる地層の中に発達をした石英脈のことです。
これが、日本以外の外国の場合には、さらに古い地質時代で発達したものが一般的になっているようです。
金鉱脈が生まれることになった理由として、最近では新しい見方も生まれてきています。地質学的に、第三紀といわれる時代がありますが、さらに新しい地質時代である第四紀、これはつまり現在まで続いている地質時代ですが、この中で火山活動が起こったことにより、金鉱脈が生まれるという考え方があります。この推測に基づき探鉱が行なわれたことで、菱刈高山といった新しい金山が発見されています。これは、大きく話題を呼ぶことになりました。金が非常に多く含まれている、採算性の高い鉱山であるといわれています。

LINK情報