» 金メダル

金メダル

夏季、冬季オリンピックにおいては、優勝者には金メダルの授与が行なわれます。
この金メダルは純金であるのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、実際にはこれは純金ではないようです。
実は、純度92.5%以上の銀製メダルへ、6g程度の金メッキを施したものであるというように、オリンピック憲章でも定められています。

そのため、これを地金で売却したところで、価値が認められるわけではありません。オリンピックの金メダルですから、それだけの付加価値はありますが、純金ではないということです。
これが純金ではない理由は、オリンピックの開催国に対して配慮を行なった結果であるといわれています。すべての金メダルを純金にしてしまうと、それだけコストがかかってしまうことになります。そうなってしまうと、経済的な状況からすべての国でオリンピックを開催することが難しくなる可能性があります。金の価格は現在も高騰が起こっているものですし、コストを抑えるために当然の措置であるといえるかもしれません。
一方、ノーベル賞でのメダルは純金になっているようです。

  • 金メダルを獲るのが目標だけど自分には資格がない、とお悩みなら不登校でも留学を支援してくれるので、夢をつかむチャンスをあきらめないでください。