» カラーゴールド

カラーゴールド

カラーゴールドと呼ばれるものは、純度75%の18金に対して、それ以外の素材を25%加えることによって合金としたもののことです。
そこでは、ホワイトゴールドやピンクゴールドなどのものがありますが、これは良く知られているものでもあると思います。これも、カラーゴールドと呼ばれるもののひとつです。

金の性質として、非常に柔らかいというものがあります。そのため、これをそのまま装飾品として使うことは難しくなります。それが理由で、金に対して他の金属を加えて合金にすれば、装飾品としても使えるようになります。金に合金をする場合、その金属の種類であったり配合率によって、どのような色になるかが決定されることになります。

  • 金・プラチナ・ブランドの全国案内全国買取販売店舗案内ガイド